サブページ見出し3

  • RSS

子供のころから、会社を持ちたい、会社の社長になりたい、と考えていたという人が社長になっていくことがやはり多いのではないでしょうか。人生にめぐってくるチャンスをカブっと噛み付いて社長になっていく、とか企業する、ということが言えると思います。チャンスは短い。その間に、これまで蓄えてきた社長になりたいアイデアを一気に爆発させて社長になっていくということでしょう。チャンスが来てから社長になったらどうなる?とか企業したらどうなる?なんてことは考える余裕がない場合もあるでしょうし。

たとえば、サラリーマンを止めて会社を始めたいと願っていた人がいて、会社で希望退職を募り、対象者には退職金を200万円出す、という知らせが飛び込んできたら、自分はその200万円をどう使って、どうやって、どういうふうに企業するかが、もう即座に考えることができ、しかもその道がある程度できている。そこでチャンス到来!とばかりに企業するのでしょう。そして人生に輝かしい??または苦労の花を咲かせるのでしょう。
そうやって長年の努力が報われて会社の社長になったわけです。愛する会社の代表印は、自分にプレゼントというほどのものを作ってみてもいいのではないかな、とおもいますね。自分は長年、将来に備えてアイデアを練り、調査し、投資し、少しずつ道を築いてきた。いまようやく報われて、会社の社長になりました。記念すべき代表印を上等の素材で作らせてもらおう!という自分へのプレゼントの意味合いを込めてはいかがでしょう。

このページの先頭へ