会社の代表印はとにかく読みにくいものがある。

  • RSS

会社の代表印はとにかく読みにくいものがある。中には、ひっくり返して、目を丸くして首をかしげて印を回転させて、ようやくそれらしい上下を確認するということもあるようです。 そんな不手際なやり方していいのでしょうか。 一応、やはり理屈があるようです。

大切な印鑑を押す前に、手っ取り早く押すことがなく、印章を見つめてじっくり上下を確認する間をしっかりとることにより、実はその間に、この印をおして問題ないかどうか冷静に考える時間なのだそうです。
なるほど、そういうことならわざと分かりにくい印章を造ってもいいのではないかな。しかし、印鑑には、不思議と、変な印もあるんですよね。その名も「なんでもござれ」という印。これは代表印ではさすがにありませんが、認印の代わりに認印とそっくりで、文字らしいものがかいてあるが、実はそれは文字でもなく、「文字らしいもの」であり、何でも適当に読ませるための印鑑なんです。印を押すというのがあまりにも形式的になってしまい、印はあることで意味があるということで、そんなへんてこな印ができたんですね。造る人も造る人ですが、使う会社も使う会社です。
しかし代表印では格式高い文字を使っているのが普通ですね。古代の文字を使って格式高くする人もいれば、文字は現代文字に近いものでも、彫り方を重厚な感じにするなど、やりかたはあるようです。
読みにくい字ですが、「代表之印」の「印」という字が、印章を眺めると、「色」という字によく似ているので、なんとか上下を判断することができる感じです。

このページの先頭へ